Pythonのmatplotlibでグラフを簡単に表示する方法

 



 

Pythonでグラフの表示はどうすればいいんだろう?
困ったらライブラリですよね。
ありました、matplotlibを使いましょう。
matplotlibには様々な機能があるみたいなのでちょっとみていきましょう。

下準備

まずはNumpyとmatplotlibがインストールされているか確認しましょう。

これでNumpyとmatplotlibがあればオッケーです。
なければインストールします。

これで準備ができました。

基本的な使い方

使い方は簡単です、とりあえずcosカーブを描いてみました。

ヒストグラムはこんな感じです。

自作の関数と組み合わせてみました。
額面金額と所得税の関係をグラフ化してみました。
社会保険料・復興特別所得税や基礎控除以外の控除は抜いてあるので精度はお察しください(笑)
ちなみに自分の場合を計算してみたらちゃんと0になったので問題はなさそうですね。

参考

他にも媒介変数表示、散布図などなど色々な表示が可能です。
例を挙げるときりがないのでこちらのギャラリーを参考にしてみると様々な描写ができます。
NumPy配列を対象としたユニバーサル関数一覧はこちらへ。

いろんな関数をグラフ化するのって楽しいですね。
これでPythonを使って色々データを処理する上での基礎の基礎くらいが準備できました。
機械学習あたりにも手を出す予定なのでちょっと先は長そうですが。。。。

Simple PoS Pool

ここ最近人気が急上昇中のPoSマイニングプールです。PoSマイニングなので、コインを入れておくだけでザクザクとコインが増えていきます。

現在16のコインに対応しております。ユーザ数とともに登録規制などもあるので、アカウント作成だけでもしておいて損はないと思います。記事にもしてありますので、宜しければご確認ください。




様々な取引所の売買価格がリアルタイムにわかる!

2018-02-25 02:37現在の情報
取引所
買値
売値
bitFlyer
1,029,109円
1,029,109円
zaif
1,049,045円
1,048,890円
coincheck
994,141円
993,839円
Quoinex
1,132,803円
1,030,778円
bitbank
1,053,949円
1,053,241円

リアルタイムチャート(5分間隔)

ウォレット・取引所

今おススメ、有名なウォレット・取引所のリンクを張ります。各々の取引所では長所・短所(取扱通貨が異なる)があるため、全て作成しておいても損はないと思います(^。^)いつか利用するときが来るかもしれません。

KuCoinは現在人気がうなぎのぼりです。登録は無料なので、登録中止になる前に開設だけする事をおススメします。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



人気急上昇!

PoSマイニングで寝てても増える!?

特集

リアルタイム更新!!300弱のコインをご紹介!

おすすめ記事

  1. みなさまこんばんわ。 最近記事がご無沙汰になっておりました、、、、、、 実は題名の通り、…
  2. Ubuntu16.04に、NVIDIAのドライバーとCUDAをダウンロード・インストール、そして認識…
  3. 本日もこのお時間がやってまいりました。 もう知らない方の方が多いと思います。本日ご紹介するのは…
  4. Invalid argument supplied for foreach() のエラー PHPで…
  5. 速報をお届けします。 ネットで近々Binanceが上陸する日が近い等と、色々言われていましたが…
  6. 前回に引き続きスクレイピングについて紹介します。 具体的にはphpQueryのもう少し実践的な内容…
  7. 本日もメモのような形になります。 ccminerのインストール前に 必要なパ…
  8. みなさんこんにちは。マイニングの調子はいかがでしょうか? 先日XPのPoSマイニングプールをご…
  9. プログラムを強制終了する場合 何かの条件にマッチしない場合、強制終了して再度プログラムを1から動か…
  10. 皆さまこんばんわ。 最近やたらとご紹介している、Simple PoS PoolのDutchコイ…

おススメGPU

No.1
NVIDIA GTX-1070





No.2
NVIDIA GTX-1080





No.3
NVIDIA GTX-1060





No.4
AMD RX570





No.5
NVIDIA GTX-1080Ti





No.6
AMD RX580

ページ上部へ戻る