実践交えて1から教えます。誰も教えてくれないBinanceでの取引方法・手数料・Limitオーダーの取り下げについて。

 

コインを増やす
仮想通貨の運用はマイニング(PoW)だけではありません。
コインを保持するだけで増えるPoSマイニングや、マスターノード構築という方法もあります。宜しければこちらもご確認してみてください!




 

こんばんわ。

本日はMAXで40%も一時下落するという事が起きましたね。

中国政府が規制をかけるといった事の発表のようですが、これから仮想通貨市場に入る資金を考えると、まぁ一時的な煽りじゃないかなぁ?とか個人的には思ってたり思ってなかったり。

ソース記事はこちらに書いてあります。

中国政府が仮想通貨「取引所のようなサービス」規制へ どうなるオフショア取引

 

 

話は本題に戻りますが、私はガチホ勢でずっと握りしめるタイプでおりました。生活に影響が無いお金で仮想通貨購入しているので、握力だけには自身があります(笑)

ガチホしていると、正直イマイマの値動きとか興味無く、リアルタイムにじーーっと値動きを見る機会もそうそうないんです。チャートとかを見るときは、夜、自身で取引所のAPIを使ってカタカタプログラム書いている時ぐらいと、昼の暇な時ぐらいですかね。

 

ただ、これだと何も始まらない気がしますし、記事にもマイニング等を書いているぐらいなので、お勉強を兼ねて短期トレード実践して色々と学ぶことにしました。

そこで、取引方法を下記でまとめます。インターネット上では、指値で入札したもの(limit)の取り下げ方法が中々見つからなかったので、そちらの件や、インターネット上では取引手数料が0.05%等とあるが、実際問題どうなのか?どう表記されるのか?等の備忘録も兼ねて。

Binanceはこちら

 

補足:0.05%とか0.1%は知ってるけど本当なの?そしてメリットは?

やり取り(お金を扱う)わけなので、全部が全部さすがに適当にできません。0.05%という事を聞きますが、実際どのように取られるのか?

取引価格から後で取引が引かれるのか、それともそもそも取引価格には含まれているのか?

それによって、神経のとがらせ方が変わってきますよね。

 

もちろんインターネット上で、Binanceの手数料は確認済みですが、、、ネット上ではBinanceの仮想通貨BNBなら0.05%!とかETHとかなら0.1%!とかだけ記載して、実際問題、取引でどうなるのかという、クリティカルな部分に言及しているものはなかったですね。

(# だってネット上だとアフィリンク踏ませる為に、表面上の良い事しか書いてないんだもん(-。-)y-゜゜゜ボソッ)

 

ということで、いっそ、とりあえず取引して自分で確認しちまえ!!とりあえず指値に手数料だけ考慮・・・っと、いうことで実際の取引でどうなるか確認しました。

 

 

実際に取引してご説明します

まずは一般的なところから

まず今回は適当に、CND-BNBの組み合わせで取引をします。CNDという仮想通貨をBNBで購入すると言った意味に置き換えてください。

Binanceの上のメニューバーにある「Exhange」⇒「Advance」のインターフェースがこちらです。

 

チャートは今回はおいておいて、右側に焦点をあてます。上に現在表示している通貨の組み合わせ「CND-BNB」が表示されています。

 

今回は指値で取引をするので、こちらの赤枠は売りたい人の指値と数量が表示され、

 

こちらの赤枠では買いたい人の指値と数量が表示され、

 

こちらの赤枠では実際のトレード履歴が表示されます。

 

そしてこの最後の赤枠が実際に本人(私)が、トレード(売買の指値や数量)を決めるときに利用する部分です。Limitというのは指値で取引をします。

 

取引に必要な項目の詳細

前のセクションの最後にご紹介した赤枠の中の詳細説明です。これがトレードの時に必要になります。

 

1.指値の決定について

この赤枠は今回の通貨をいくらで購入するかといった部分です。今回であれば、CND-BNBの組み合わせなので、1つのCND通貨に対して、0.00594BNBで購入すると言った意味合いとなります。

 

2.自分の保有通貨量について

今回CDNを購入するにあたり、BNB通貨を利用します。そのBNB通貨を今自分がどれだけ保持しているかがこちらです。

こちらの場合だと、4.71288165BNBを持っている事が表記されています。

 

 

3.購入量の決定について

こちらは数量です。何枚の通貨を購入したいのか?といった話です。今回は100と書いてありますので、100CNDを買う!!ということになります。

 

 

3-1.購入量の自動決定について

赤枠の中に25%とかパーセンテージが書いてあると思います。これを押すと、自分の保有量(今回ならBNB)に応じたパーセンテージで買える通貨量を瞬時に計算してくれます。

例えば、このケースを考えると、今100%がオレンジになっていますね?(実際はクリックする時にだけオレンジになります)

 

 

100%を押すと、自分の保有BNB通貨、4.71288165BNBを利用して買う通貨が瞬時に計算されるはず、、、、が

今回の場合では、4.71285360BNB935.09CDN購入できるといった事になります。

 

なぜMAXじゃないかというと、最小単位で(今回なら0.01BNBで自分の保有量を超えてしまう為です。

935.10 > 4.71288165BNB(自分の保有量)

となります。

 

 

4.指値の簡単な決め方

Priceの項目を数字を入力しても良いのですが、簡単に入力できる方法があります。いちいち数字打つのはめんどくさいですし、マーケットは常に動きますので乗り遅れて購入できない!!!売れない!!とかあります。

購入できない!!売れない!!については別記事で書こうと思いますが、勿論、高く買いたい人安く売りたい人から順番に売買されていきますので、そのような機会が生まれてしまいます。

今僕の指値には1CDNあたり0.00515BNBで購入するとなっています。

 

例えば、どこでも良いのですが、赤枠の数字、0.00509をクリックしてみます。

 

そうすると、こちらの数字が指値に入ります。イメージはこんな感じですね!!!

 

 

トレードの最小単位は?

トレードの最小単位等のルールについては下記公式ウェブサイトでまとめられております。通貨が多いため、こちらでの記載は割愛させていただきます。

Binance取引ルール

 





 

本題:実際のところ手数料ってどうなってるの?

前のセクションまでで基本的な部分についてご説明しました。本セクションでは実際に手数料がどのように表示されているのか?そして0.05%って本当なのか?について説明したいと思います。

 

手数料の審議

実際0.05%になるのは初年だけです。下記のように、ディスカウント率が施されています。通常の手数料は0.1%であり、年々ディスカウント率が下がり5年目は0.1%での取引となります。

年数 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目
値引率 50% 25% 12.5% 6.75% 0%

 

 

実際に購入してみます

今回、1CND=0.00515BNBで、200通貨購入する事にします。Totalで必要な通貨量は1.03BNBです。

 

購入すると上のメニューバーの「order」⇒「Order History」から取引状況を確認できます。

Priceは私が今回購入した1CNDあたりの費用0.00515Amoutは200Totalは1.03BNBとなります。

 

実際に自分が保有しているCND通貨量も見てみましょう。「Funds」⇒「Depsit Withdrawals」で確認できます。

こちらも勿論、200CND保有している事になります。

 

 

それでは、最後に「order」⇒「TradeHistory」を見てみましょう。(※2行になっている理由は別記事にてご説明します)

こちらも同様で、Priceは私が今回購入した、1CNDあたりのBNB費用が表示されます。0.00515ですね。

 

そして、Totalを見てください。1.02397450BNBとなってますよね?

 

 

1.03BNB分購入したんじゃないの!?!?!

 

お隣です。Feeに0.00051097BNBとありますよね?これが手数料0.05%分となります!即ち1.3BNBの中には手数料も入っている形です!

手数料の 0.00051398BNB ÷ 1.02948602 BNB(実際のトレード分) ×100% = 0.0500000361%

となり、0.05%取られている事がわかります。

 

 

 

指値で入札したもののキャンセルについて

僕が一番悩んだのがキャンセル方法です。どこにも書いてありませんでしたので・・・

先ほど述べたように、買いの時は、高い人からどんどん取引され、売りのときは売値が安い人からどんどん取引されます。そして勿論イメージ的にはオークション方式なので、売りたいときとか、どんどん自分より安い価格で売りを出す人がでてきて、売れない!買えない!という時が発生します。

でもその時、例えば、100BNBで1000XXX通貨を買いで入札している場合、自分の財布には100BNBが無くなっており、違うものを買おうとした時、残高不足とか買いたいのに買えない等といった状況に陥ります。

キャンセル方法は「Order」⇒「Open Orders」から実施できます。

 

こちらに今オーダーを出しているものが確認できます。赤枠のキャンセルを押すことで、こちらの取引はキャンセルされ、投入した金額もお財布に戻ってきます。

 

 

まとめ

Binanceでは取引手数料まで全て含まれた形で、取引ページでは費用算出・表記がされているという事です。

非常に楽ちんですね!取引通貨量も多いので、Binanceの取引所を登録していても良いと思います。いざとなった時にすぐに動けるので。。。

最後までお読みいただき有難うございました!

Binanceはこちらから

 

 

 

Simple PoS Pool

ここ最近人気が急上昇中のPoSマイニングプールです。PoSマイニングなので、コインを入れておくだけでザクザクとコインが増えていきます。

現在16のコインに対応しております。ユーザ数とともに登録規制などもあるので、アカウント作成だけでもしておいて損はないと思います。記事にもしてありますので、宜しければご確認ください。




ウォレット・取引所

今おススメ、有名なウォレット・取引所のリンクを張ります。各々の取引所では長所・短所(取扱通貨が異なる)があるため、全て作成しておいても損はないと思います(^。^)いつか利用するときが来るかもしれません。

KuCoinは現在人気がうなぎのぼりです。登録は無料なので、登録中止になる前に開設だけする事をおススメします。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



関連記事

安全に仮想通貨を保管しましょう

人気急上昇!

1日6%も増えるコイン!?DVRSコイン!



PoSマイニングで寝てても増える!?

特集

リアルタイム更新!!300弱のコインをご紹介!

おすすめ記事

  1. 2018年3月8日、Coincheck社が記者会見をしました。 NEMの日本円による支払いや、…
  2. [crayon-5b51dab96fb47218415338/] こんなコマンドを沢山打つ機会があ…
  3. 本日もこのお時間がやってまいりました。 もう知らない方の方が多いと思います。本日ご紹介するのは…
  4. 最近、仮想通貨のマイニングが注目を浴びています。VPS(Virtual Private Server…
  5. 今回はAzureでのマイニングです。利用するOSはubuntuなので、根本的な部分は今までのAWSや…
  6. 昨日は更新できずすみません。 進捗報告のみの記事となりますが、3日前XPを放置してもマイニング…
  7. PHPでSQL、PDOを利用するとき、数字のテーブル名を作成したいときないですか? このブログ…
  8. DV7コインがDV8コインにスワップされるようです。詳細は2018年4月4日に発表されます。 …
  9. マイニングという言葉を聞いて、皆さまどんな事を思い浮かべるでしょうか? パソコンのCPUやGP…
  10. ついにSimple PoS Poolでのマイニングも30日、約1カ月を迎えました。 本日の記事…

おススメGPU

No.1
NVIDIA GTX-1070





No.2
NVIDIA GTX-1080





No.3
NVIDIA GTX-1060





No.4
AMD RX570





No.5
NVIDIA GTX-1080Ti





No.6
AMD RX580

ページ上部へ戻る