マイニングを始める前にPoWマイニングとPoSマイニングについて簡単に知ってみよう!

 

コインを増やす
仮想通貨の運用はマイニング(PoW)だけではありません。
コインを保持するだけで増えるPoSマイニングや、マスターノード構築という方法もあります。宜しければこちらもご確認してみてください!




 

マイニングという言葉を聞いて、皆さまどんな事を思い浮かべるでしょうか?

パソコンのCPUやGPUを使って計算をさせて報酬を得る!そんな事を思い浮かべる方が多いと思います。

その一方では最近はPoSマイニングというものが、様々なメディアでも触れる機会が増え、PoSマイニング!を思い浮かべる方もいるかと思います。

 

ただ、PoWマイニングPoSマイニングってそもそも何なの?なんで報酬を得ているの?と疑問に思われる方もいると思います。

特にPoSなんて、持っているだけで報酬を得る事ができるので、なんで?と思う方が多い人が多いのは必然です。

 

そこで、本日は少しだけでも皆さまのイメージがつくようにご説明しようと思います。

あくまでイメージを付けると言う事を目的にしておりますので、細かい原理(ブロックチェーン等)については割愛させていただきます。

流れは下記です。

  1. PoWとは?
  2. 仮想通貨の根本的理念とマイニングの関係
  3. PoWマイニングとは?
  4. PoSとは?
  5. PoSマイニングとは?
  6. なぜPoSが流行りだしたのか?

 

 

Proof of work(PoW)とは?

歴史

まずPoWは仮想通貨が出始めて有名にはなりましたが、仮想通貨で初めて使われた方法ではないです。

Proof of workはそもそもDDoSアタックといったサイバー攻撃を阻止するために作られた手法です。

実は、約20年以上前の1993年に既に論文でこのProof of workという言葉・手法自体が作られていたんです。

 





 

仮想通貨の根本的理念とマイニングの関係

仮想通貨は中央集権を持ちません。私たちの生活上で言うならば、銀行のようなものを持たないという事です。

簡単にイメージ図にすると、このように銀行が私たちのお金のやり取りを管理しています。

 

この管理(銀行)が無いという事を意味しています。

銀行が管理している事によって、私たちの私生活では基本的に不正ができません。(ここでいう不正とは銀行口座のカードを悪用してお金を引き出す等ではなくです。)

Aさんの残高がいくらで、誰に○○円を送った。等、全て記録されている為です。

 

では一方で管理者がいない場合を考えましょう。

以下の図を見て、Aさんはどれだけ口座から引き落としされると思いますか?

 

 

普通に考えれば4万円ですよね。

しかしながら管理者がいない場合は、Aさんが悪意を持って対応し送金額を2万円にして同時に二人に送金することだって、できてしまうかもしれません。

それが、ここでいう不正です。

 

勿論、ここで、普通に不正なんてわかるじゃん!!と思う方がいると思いますが、それは全体像を見ているからそのように言えます。

 

各々の、立場だけで考えてみましょう。

AさんはBさんから2万円ほしいと言われました。

Bさんは確かに2万円受け取っています。Bさんは何も文句を言いません。

AさんはCさんから2万円ほしいと言われました。

Cさんは確かに2万円受け取っています。Cさんは何も文句言いません。

 

さて、BさんとCさんは不正と判断できません。管理者がいない状況で、Aさん側で何か細工(裏技と言いましょうか)を使ったら、誰も正しい取引をされているかどうかわからないんです。

結果として、BさんとCさんにはしっかりと入金されているため、彼らは何も思いません。

 

仮想通貨に戻りますが、では一体どのような形でお金のやり取りを管理しその取引自体が正しいと判断するのでしょうか?

それを解決するのがブロックチェーンの仕組みです。(# 今回はブロックチェーンについては触れません。今度記事にします。)

そしてそのブロックチェーンで、各々の取引が正しい、正しくないを判断しているのが、マイニングと呼ばれる作業になります。

 

 

PoWマイニングについて

PoWマイニングは前項でお話したとおり、各々の取引が正しい、正しくないを判断しております。

その中で、PoWマイニングは大きく二つの目的があります。

  1. 取引の整合性の検証し不正を避ける事。(不正=二重支出等)
  2. 新しい仮想通貨を生み出す事

仮想通貨における取引は、ブロックと呼ばれる一つのにある程度まとめられます。

このブロックの中にある取引を、マイニングすることによって正しいのか?正しくないのか?というものを検証しています。

この正しいのか?正しくないのか?という検証には、演算処理が必要になり、高性能のCPUやらGPUといったものが必要になります。

そして一番初めにその検証が終わった人に対して、報酬が支払われます。

報酬には二つあり、新しい通貨による報酬と、取引の手数料による報酬の二つがあります。

目的の「2」がまさに、この報酬にあたります。

 

 

最初に解決をした人は、「僕が初めにみつけたよ!!」とマイナー(正しくはネットワーク全体)にアナウンスして、報酬を貰います。

そして、次のブロックへとマイニングが続くわけです。

 

 





 

補足:何故CPUしかマイニングできなかったりするの?

基本的にマイニングするにあたって必要な物理?機器は、CPU、GPU、FPGA、ASICが挙げられます。

Bitzeny等はCPUが一番効率が良いです。そしてZcash等についてはGPUが一番効率が良いです。

なんで?と疑問に思われる方も多いかと思いますが、それは各仮想通貨が利用しているアルゴリズムに依存するためです。

 

X11、Yescrypt、Neoscrypt、Equihash、Quarkといった様々なアルゴリズムが存在します。

各々のアルゴリズムには勿論得意不得意があり、

CPUならYescryptが得意!EquihashならGPUが得意!ASIAならX11が得意!

といった形で特徴があるためです。

 

そのため、各々の仮想通貨によってGPUでも掘れなかったり、でもCPUの方がほれたり、ASICが超強かったりという差が生まれるわけです。

 

 

 

Proof of Stake(PoS)とは

英語を直訳した通り保持による証明です。皆さまご存知の通り、コインを沢山持っていれば証明しやすいですし、少なければ証明できないです。

また目的としてはPoWと同じです。しかしながら、証明までのプロセスが異なります。

 

まず一番勘違いされてそうなのですが、PoSは厳密にはビットコイン等と同様にマイニングは実施されています。

ただPoWではどんな人々に対しても出題される問題は同じでした。

そのため、高性能なCPU、GPU等が必要で、誰よりも早く計算を解かないと報酬が貰えませんでした。

 

しかしながら、PoSはそもそも出される問題が違います。

 

もうお気づきだの方も多そうですが、保有している量によって出される問題が違うわけです。

 

 

PoSマイニングとは

前項でお話したとおり、PoSマイニングでは提示される問題が人によって異なります。

それはCoinAgeと呼ばれるものによって決まります。CoinAgeコインの保有量×そのコインの保有期間であらわされます。

それが大きければ大きいほど、提示される問題が簡単で、他の人に比べて簡単にマイニングができます。

イメージはこちらです。

 

 

物凄い極論的なイメージですが、イメージはこんな感じです。

S男さんに出された問題は、1+2+3+5=11なのに対して、、、、

Y男さんへはとてつもなくめんどくさい問題…..

それはS男さんが先に問題を解いて報酬を頂いちゃいますよね。

 

本点がProof of Stakeと呼ばれる所以で、コインを沢山持っている方がマイニングしやすいといった理由になります。

そもそもCoinAgeによって差を付けているので問題も容易です。そのため、高性能なCPU等はいらないですし、その分電気代も削減できます。

 

補足:ウォレットにいれてても中々PoSマイニングされない

これはまさに前項で説明した通りの理由です。皆さまの保有コイン数は全体の保有コイン数に対してどの程度でしょうか?

少ない場合はほぼほぼPoSマイニングできません。何故ならめちゃくちゃ難しい問題を出されており、簡単な問題を出されている人に対して勝ち目はあまりないですよね?

運が良ければ勝てるかもしれませんといった具合です。

 

では、数量少ないとPoSマイニングできないの?という事になります。

そんな方々を救うのがPoSマイニングプールの存在です。(# マイニングプールの存在意義については別途記事にします。)

こちらのPoSプール記事をご確認ください。少ない数でもマイニング可能です。

 





 

何故PoSのコインが流行りだしたのか?

最後にこちらをお話します。

まずPoSはPoWで課題とされていた51%攻撃というものを受けにくいです。というか、それを改善しようとしたのがPoSです。

 

51%攻撃の簡単なイメージ

51%攻撃というのは、全体ネットワークのハッシュレートの51%を占めた場合に発生する問題です。

51%以上を占めると簡単に言うと不正ができます。

基本的には、PoWマイニングでの承認作業は様々な人が入れ替わって実施されています。

Aさん→Bさん→Zさん→Yさん→Gさん→Kさん→Uさん→Lさん→…

こんな感じです。

 

もしAさんが悪意があった人だと仮定しましょう。

Aさんは悪い事をして、更には問題ないよ!と承認しました。

でもBさんにわたったときに、前のブロック何かおかしくね?となるわけです。

 

しかしながら、Aさんがネットワークのハッシュレートを51%以上独占した場合、1/2以上の確率で承認作業が回ってきます。

Aさん→Aさん→Aさん→Zさん→Aさん→Aさん→bさん→Kさん→

 

多段に悪意のある人が承認を続けると、悪い事を取引が、本当に問題ないと判定されてしまいます。

それが、51%攻撃です。

 

PoSがなぜ51%の解決になるのか?

PoSはProof of Stakeです。PoSマイニングで簡単な問題を出してもらえるのは、沢山保有している人です。

沢山保有している人はどんな人かというと、金がないとできません。

即ち供給されているコインの51%を保持しなければならないという事で、非常に費用もかかりますし、悪意のある人間にもリスクが大きすぎます。

そのため、解決につながるとされています。

 

 

エコ

1回のビットコインの取引でどれだけの電気料金を使うかわかりますか??

 

 

一軒家で使われる電気量の1.5日分です。

 

たかが1回の取引でそれだけ使われています。

先ほど述べたとおり、PoSは高性能なCPU等は不要です。

そのため、PoSはエコにつながります。

 

このままでは仮想通貨の未来は暗くなっていくという事で、イーサリアム等ではPoSへのスイッチを図っています。

 

 

 

作成者による金稼ぎ

これは詐欺まがいと認識してください。

PoSマイニングには持っているだけで報酬を得る事ができるという事に置き換えられます。

即ち、それは株等と一緒で持っているだけで配当(コイン)が貰えるという事です。

 

持っているだけで貰えるコイン数を大きくしたらどうなるでしょうか?

皆さん、目先の利益に駆られて買いに入りますよね?

買いに走ると言う事は、コインの価値が上がります。

 

そんな時、コイン創作者が初めに自分たちの為に保有したコインを全部売りに出したらどうでしょう?

めちゃくちゃ儲かりますよね?

 

こんな感じです。

PoSは良い面もあれば、このように詐欺まがいに使えるのです。

上場したばかりのPoSコインを、Binance、Cryptopia等で見てみてください。

初めめちゃくちゃ上がって、そのあとにガクーーーーーンと下がっているコインがあります。

今現在、この点については非常に問題視されています。

 

そこで、善意をもったコイン作成者も自分たちが詐欺だと思われぬよう、no ICO、no Premine等を謳ってコインをプロモーションしています。

 

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。他にも書きたい事がありましたが、非常に長くなってしまいました。

皆さんのPoWマイニング、PoSマイニングの理解が少しだけでも進むと嬉しいです。

細かい事はもう数式の世界になってしまうので、これ以上は記事化することはないと思います。

ただマイニングをするうえで、自分がどんな事をやっているかイメージ付けていただけると幸いです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

Simple PoS Pool

ここ最近人気が急上昇中のPoSマイニングプールです。PoSマイニングなので、コインを入れておくだけでザクザクとコインが増えていきます。

現在16のコインに対応しております。ユーザ数とともに登録規制などもあるので、アカウント作成だけでもしておいて損はないと思います。記事にもしてありますので、宜しければご確認ください。




ウォレット・取引所

今おススメ、有名なウォレット・取引所のリンクを張ります。各々の取引所では長所・短所(取扱通貨が異なる)があるため、全て作成しておいても損はないと思います(^。^)いつか利用するときが来るかもしれません。

KuCoinは現在人気がうなぎのぼりです。登録は無料なので、登録中止になる前に開設だけする事をおススメします。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



関連記事

安全に仮想通貨を保管しましょう

人気急上昇!

1日6%も増えるコイン!?DVRSコイン!



PoSマイニングで寝てても増える!?

特集

リアルタイム更新!!300弱のコインをご紹介!

おすすめ記事

  1. 以前、高ROIについては価値が思いっきり下落する事をご説明しました。 [clink url="ht…
  2. 今回はAzureでのマイニングです。利用するOSはubuntuなので、根本的な部分は今までのAWSや…
  3. 本日はAirdropで無料でコインを手に入れる前に必要な、事前作業について紹介します。 記事は…
  4. 今までGPUやCPUを用いたPoWマイニングやSimpole PoS PoolでのPoSマイニングを…
  5. 本日は第2回目となります。 第一回目はこちらからご確認ください! [clink url="h…
  6. こんばんわ。今回はSSHで接続するときに利用する無料ツール「PuTTy」のご紹介です。別の機会でTe…
  7. 早速本題からです。 1月26日 12:57、下記情報がCoincheck公式twitterから…
  8. 前回に引き続きスクレイピングについて紹介します。 具体的にはphpQueryのもう少し実践的な内容…
  9. 本日はQuarteriaのAIRDROPの受け取り方法についてご紹介です。 AIRDROPで必…
  10. XPをSimple PoS Poolでマイニングし始めて45日が経ちました。 皆さまから、実施…

おススメGPU

No.1
NVIDIA GTX-1070





No.2
NVIDIA GTX-1080





No.3
NVIDIA GTX-1060





No.4
AMD RX570





No.5
NVIDIA GTX-1080Ti





No.6
AMD RX580

ページ上部へ戻る